たけのこは冷蔵庫で何日持つ?冷凍・常温の保存期間や保存方法も紹介

たけのこ 春野菜

春の味覚であるたけのこ。煮物にしても焼いても炒めても美味しいですよね。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

たけのこを長持ちさせる保存方法を解説してます。冷蔵庫・冷凍庫・常温別に保存のコツや保存期間など参考にしてくださいね。

野菜
野菜くん

他にも旬を味わえるレシピや雑学までまとめてるよ!

 

スポンサーリンク

たけのこの冷蔵保存方法と保存期間

たけのこ

炊き込みご飯だけじゃない、煮てもいいし焼いても揚げても美味しい筍(^^)

たけのこはまずアク抜きをしなくてはいけません。できるだけ早く下茹でをした方が美味しく頂けます)^o^(

たけのこのアク抜きの方法

たけのこの先の部分5cm程度と根元のかたい部分を切り落とし、縦に半分に切ります。
たけのこ2~3本に対して、米一掴みと赤唐辛子2本くらいが大体の目安です。
水はたけのこがかぶるくらい入れてください。

落とし蓋をして強火で煮ます。
ふたをするのは、たけのこが浮いてきて空気に触れると酸化して色が悪くなるのを防ぐためです(^^)
沸騰後は吹きこぼれないように弱火にしてください。

スッと串が通るまで柔らかくて煮たら、鍋のまま冷ましていきます。
ゆっくり冷ました方がアクが抜けるのでのんびり待ちましょう。

下茹でをして冷ましたら密閉器などに、沢山のお水と一緒に入れて冷蔵保存します。その時に注意したいのは、あくが出る為お水は毎日取り替えましょう。冷蔵保存なら1週間くらいは保存可能です!沢山あって1日では使い切らないという場合でも安心ですよ。

たけのこの冷凍保存方法と保存期間

長期保存するなら冷凍保存!冷凍するときは、した茹でをして冷ましてから、お水に浸して密封袋にお水も一緒に入れて、冷凍しましょう。だし汁に浸して冷凍してもOKです!

1ヶ月保存可能です(^^)

用途によって、お水の代わりにスープやだし汁でも大丈夫ですよ。

たけのこの解凍方法と調理例

解凍方法は、解凍方法は、凍ったまま料理に使ってください。鍋にいれて沸騰させてから使います。
だし汁ならそのまま料理に使えますよ(^^)
味噌汁、炊き込みごはん、煮物や炒め物にどうぞ♪

たけのこの常温保存方法と保存期間

筍は常温保存はおすすめしませんが、ご近所から採れたてを頂いたはいいけど、今日は忙しくてした茹でが出来ないっていう時は皮はむかずに、新聞紙に包んでなるべく早めにした茹でをしましょう。
あくが増す為、次の日にはした茹でをした方が美味しく頂けます(^ ^)

美味しいたけのこの選び方

この時期しか食べられない、生のたけのこは、どう選んだら美味しいかわからないですよね。
せっかく旬の食材なので、新鮮で美味しものを選びましょう。そのための簡単な見分ける外観のポイントを説明します。

まずは、穂先の外観です。まずは色。穂先の色は黄色のものを選びましょう。たけのこは、土の中から出る前の日に当たっていない方が、えぐみが少ないのです。成長して土から先端が出始めると、穂先の色は緑や黒っぽくなります。さらに穂先の形は、ひろがっていないものが新鮮です。時間が経つと穂先は開いてきます。
次は、皮の色です。出来るだけ、薄い茶色でツヤのあるものを選びましょう。皮も穂先と同じで、土から出てしまうと、色が濃くなるので、皮の色が薄い方がえぐみが少ないです。また。たけのこは水分が多い食材です。そのため、新鮮なものほど水分がおおく、皮もみずみずしくツヤがあるんです。
最後に根元です。
切り口をみてください。新鮮なたたけのこの切り口や皮の内側は真っ白なんです。採ってから時間が経ったり、成長し過ぎたたけのこの色は黄色や緑色に変色してきます。さらに、根元の側面をみてください。まるいぶつぶつがあります。その色と大きさをみて、出来るだけ小さく、白いものを選びましょう。この部分竹の根になる部分で、成長し過ぎたたけのこの場合、大きく赤いぶつぶつになってきます。

スポンサーリンク

たけのこの旬や美味しい季節

たけのこは地方によって旬が違ってきますが、主に代表といえる孟宗竹は3月から4月です。
春から初夏が一番美味しい時期ですね(^^)

ちなみに、たけのこをお義父さんがとってくると春だなぁと感じます(^^)
お義父さんが重た〜い思いをしてとってきてくれるたけのこは我が家では大人気!
子供ももっともっと!と一生懸命食べています(^^)

たけのこのレシピ(作り置き以外)

たけのこの土佐煮

○材料○

ゆでたけのこ 2個
煮汁
だし汁 600cc
酒 大さじ2
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
削り節 2パック

1. ゆでたたけのこは食べやすい大きさに切り、鍋に煮汁とたけのこを入れ、強火にかけます。

2. 25分くらい煮つめ、火を止めます。
削り節を加え混ぜたら完成!

簡単なのでよく作ります(^^)
大好きなたけのこ料理の一つです♪

たけのこごはん

○材料○

米 2合
ゆでたけのこ 1本

だし汁(かつおだし) 360ml
酒 大さじ2
しょうゆ 小さじ2
塩 小さじ1/2

1. 米はといで置いておきます。

2. たけのこは縦半分に切ってから長さを3等分に切り、縦に薄切りにします。

3. 炊飯器釜に、米、だし、酒、醤油と塩を入れて混ぜ、たけのこをのせて普通に炊きます。炊き上がったら完成です(^^)

美味しい春の味です♪
おかわり間違いなしです!

たけのこの天ぷら

○材料○

ゆでたけのこ 200g
小麦粉 50g
溶き卵 1/2個分
揚げ油 適量
天つゆ 適量

1. たけのこは根元を厚さ3~4mmの輪切り、穂先は4つ割りにします。

2. ボールに小麦粉、溶き卵、水1/4カップを入れて混ぜ合わせ、揚げ油を180度に熱します。たけのこにころもをつけて入れ、からりと揚げたら完成!

お塩でいただくのも絶品です!
天ぷらにするとホクホクとした食感になって美味しいですよ〜

たけのこと牛肉の甘辛煮

○材料○

ゆでたけのこ 2本
牛こま切れ肉 200g
あれば木の芽 約20枚
A
水 1と1/2カップ
みりん 1/4カップ
しょうゆ 大さじ2

1. たけのこは一口大の乱切りにします。鍋にたっぷりの湯を沸かし、火を止めてすぐに牛肉を広げ入れます。

2. 肉の色が変わりはじめたら水気をきって、熱いうちにバットなどに移しておきます。みりん大さじ1、しょうゆ大さじ1/2をふってからめておきます。

3. 鍋にAを入れて中火にかけ、煮立ったら、たけのこをなるべく重ならないように並べ入れます。

4. 煮立ったらクッキングぺーぱで落としぶたをし、中火のまま約10分煮ます。牛肉を加えてひとまぜし、再びペーパータオルで落としぶたをします。

5. 中火のままさらに10分、煮汁がほとんどなくなるまで煮たら完成です!

ご飯との相性抜群な煮物です(^^)
牛肉の代わりにさつま揚げなどでも美味しいです♪

たけのこ汁

○材料○

タケノコ 1/4本
玉ネギ 1/4個
油揚げ 1/4枚
ネギ(刻み) 大さじ2
だし汁400ml
合わせみそ 大さじ2くらい

1. タケノコは、食べやすい大きさの薄切りにします。
玉ネギは根元を三角に切り落として、縦薄切りにしておきます。

2, 鍋にだし汁、玉ネギを入れて強火にかけ、玉ネギが透き通ってきたらタケノコ、油揚げを加え煮ます。

2. 合わせみそを溶き入れ、刻みネギを加えて火を止め、器に注ぎ分け完成です!

春先はまだ肌寒さがあるので、たけのこ汁で体がポカポカにあたたまります(^^)

たけのこの雑学・豆知識

たけのこはどのくらいで育つ?

たけのこようにすくすくと育て〜なんて言いますが、これはたけのこの成長がすごく早いからなんです(^^)
数ヶ月で親と同じ大きさに育つんですよ♪

なんとたけのこは収穫しても足が早いため、「とったら朝のうちに食べろ!」などと言われるほど鮮度が命になるわけですね〜

とれたてはすごく美味しいわけですが!
笹竹という種類のたけのこもあるのですが、
そちらは魚焼きグリルで皮ごと焼いて、マヨネーズをつけて食べるのがもう絶品!
とれたてでないとできない美味しさです(^^)
その笹竹が大好きで、うちの子供はものすごい勢いでたけのこを食べるんです^^;
どんな食べ物もですが、食べ過ぎは良くありません。

たけのこのエグミに注意!

たけのこはエグ味のもとであるシュウ酸が含まれていてお腹を壊したり、お肌が荒れたりしてしまいます。
なんでもほどほどに味わいましょうね♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました