豆苗を冷蔵庫・冷凍・常温で保存したときの日持ちはどのくらい?

豆苗 春野菜

豆苗はスーパーで安く売ってますが使わない時に袋ごと冷蔵庫へ入れてたりしてませんか?

私はついつい冷蔵庫へ入れっぱなしになっています(^^;)

豆苗は比較的痛みにくい野菜ですが、保存の仕方を間違えれば次々と痛んでしまいます。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

上手く使えば何度でも復活する豆苗。知っておきたい豆苗の【冷凍、冷蔵、常温】保存について今回はご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

豆苗の冷蔵庫での保存方法と保存期間

豆苗

豆苗の保存方法は、
・常温
・冷蔵
・冷凍

一般的には冷蔵庫での保存が多いかと思います。

基本的に豆苗はスーパーなどで冷蔵保存されている棚に陳列していると思います。

冷蔵庫で保存するときは、豆から2~3センチくらいのところを切り落として
タッパなどに水を浸して保存します。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

3日おきぐらいに水を変えてあげると10日ほど日持ちします。

豆苗の常温保存方法と保存期間

豆苗を常温で保存する場合、20度程気温があると成長してしまい
食感が筋張ってしまいます。

なのであまりおススメはしません。。

豆苗の冷凍保存方法と保存期間

冷凍庫で保存するときは、根元を切って水洗いします。
次にジップロックなど冷凍用保存袋に入れて、冷凍庫で保存します。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

冷凍庫で保存した場合、1ヶ月ほどもちます。

凍ったまま調理できるので炒め物などにとても便利です。

それぞれの保存方法で鮮度を落とさず、美味しく食べられるといいですね(^^)/

豆苗の解凍方法と調理例

豆苗ガーリック炒め

レンジで急速に加熱すると豆苗の水分が失われ過ぎて美味しくなくなるので、自然解凍か流水解凍がオススメです。

「自然解凍や流水解凍は時間がかかるから嫌だ!」と敬遠する人もいるようですが、豆苗自体は細いので、解凍するまでそんなに時間もかからないですよ。

他の料理を作っている合間に解凍しておけば、そんなに手間じゃないのではないかなと思います。

また、炒め物を作るときは凍ったままの豆苗をフライパンやお鍋に投入し、加熱解凍しても良いでしょう。

豆苗の食べ方

続いて、「豆苗の食べ方」ですが、豆苗は生でも加熱でも美味しく食べることが出来ます。

生じゃ食べにくい野菜もある中で、そのまま食べられる豆苗はありがたいですね。

気になる豆苗の食べ方ですが、生ですとそのままシャキシャキした食感を生かしてサラダにしてもいいし、ベーコンやハム、ウインナーなどと炒めて炒め物にしても美味しいですよ。

野菜
野菜くん

個人的に、塩気のあるものが合う気がします☆

豆苗ベーコン炒めもの

茹でるなら、お醤油とかつおぶしでおひたしにしても良いですね!

刻んだ豆苗を玉子に混ぜて焼けば、豆苗の玉子焼きが作れます。

玉子の黄色と豆苗の緑が映えて彩りもきれいなため、茶色くなりがちなお弁当のメインとして加えて見ても良いかも知れませんね!

先ほどの豆苗が入った卵液にチーズを入れて焼けば、豆苗オムレツにもアレンジ可能です☆

豆苗は和風にも洋風にも使えてとても万能だし、どれも美味しそうで思わずお腹が空いちゃいます(笑)

豆苗は癖がないため、他の食材と相性ばっちり!

スポンサーリンク

豆苗の生春巻き

豆苗生春巻き

色々食べ方をご紹介してきましたが、個人的にオススメなのが、「豆苗の生春巻き」です。

「生春巻きって難しそう!」と思った人もいるかと思いますが、これが簡単なのです!

水にくぐらせたライスペーパーに切った豆苗とカニカマや生ハム、さけるチーズなどを一緒に巻くだけ!

あとは、マヨネーズやスイートチリソース、ポン酢などお好みのソースで召し上がれ!

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

唯一のコツは、「ライスペーパーを濡らしすぎないこと」です。

ライスペーパーが「ちょっと固いかな?」と感じても豆苗や他の具から水分が出るため、食べる頃にはちょうどいい固さになります。

簡単なのに彩りが綺麗なのでお客様へのおもてなしに便利だし、何より美味しく豆苗が食べられるので、良かったら試してみて下さいね☆

豆苗の雑学・豆知識

豆苗

豆苗って何?

最後に「豆苗の雑学・豆知識」をご紹介しますが、そもそも、「豆苗」とはどのような野菜なのでしょうか?

豆苗は、「キヌサヤエンドウやサトウエンドウの若い茎葉」のことで、今でこそスーパーで当たり前に見ることが出来ますが、元々は中国からやってきた高級食材でした。

今でこそハウスや工場で栽培されている野菜も多いですが、当時はそんな技術はなく、豆苗は限られた時期にしか取れない貴重な野菜で、かつ、庶民の口に入ることはまずなく、一部のお金持ちの人がお正月を祝うためのいわば「縁起物」として崇められていました。

そんな泣く子も黙る高級食材・豆苗の転機は1970年代でした。

その頃になると中国と日本の国交が回復されており、その影響で日本に入ってきたとされています。

実は豆苗は古くから日本にあった訳ではなく、中国けらやって来た比較的新しい部類に入る野菜なのです。

ブロッコリースプラウト

大根やブロッコリーの若芽を収穫してかいわれ大根やブロッコリースプラウトとして販売されていますが、豆苗も元はキヌサヤエンドウやサトウエンドウの若芽なのでこれらと同じようなものなのですが、意外とその事実を知らない人も多いようです。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

だから、職場や学校などでこの事実を披露したら一目置かれる…かも(笑)

元は中国からやってきた高級食材だった豆苗ですが、日本では原産国の中国から輸入しなくても国内で一年中安定して栽培・供給出来るため、安価で買うことが出来るため、もやしなどと並ぶ節約野菜として活躍している人も多いのではないでしょうか?

豆苗の育て方

豆苗

豆苗の魅力は安いところだけではなく、切り離した根を利用して再び栽培することが出来るということです。

栽培のやり方はとっても簡単で、以下の通りです。

①使っていない清潔なタッパーなどに豆苗の根を入れ、豆が水に浸からない程度に水を張ります。

②あとは1日1回水を替えるだけ!

これで2回ほど栽培出来ます。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

1回の買い物で2回ほど使えるから、本当に豆苗はコスパ抜群で最高ですね!

豆が水に浸かってしまうと根が腐って豆苗が育たないばかりか、嫌なにおいや虫がわいたりするため、そこだけは注意が必要です。

2日に一度くらい根を優しく洗ってやると、根が腐ってしまうのを防止し、元気な豆苗が育ちますよ。

豆苗は、お求め易い価格で買うことが出来る野菜です。

だけど、安いだけじゃなくたくさんの可能性を秘めている野菜であるといえます。

生、茹で、炒めて食べられて、しかも、もう一度栽培出来る野菜って他にはないんじゃないかと思います。

豆苗の選び方見分け方

豆苗ってスーパーで売られているのは基本的にパック詰めれているものなのでどれも同じでしょーとカゴに入れていませんか?実はどれも一緒ではないんですよ!よーく見ると葉っぱの色に違いがあります。色の濃い緑の物の方が新鮮でおいしいです。

私も以前何も考えずにカゴに入れていたのですが、うすーい緑の豆苗を買ってしまった時は半分くらい腐ってしまって散々でした…(´;ω;`)

さらに最近の豆苗は根つきで売られていることがほとんどですよね。根っこもよく見てみてください!

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

茶色のものは鮮度が落ちているのでおいしくないので、白のキレイなものを選んでください♪

ところで豆苗と言えば簡単にもう一度育てられるってことが魅力のひとつですよね?実は…新鮮じゃない豆苗を買ってしまった時は育つ前にカビが生えてしまい食べられませんでした…・゜・(つД`)・゜・さっき言った根っこが白のキレイなものだったらもう一回おいしく食べられます!お得な豆苗なので最後までお得においしく食べるために袋越しにしっかり観察してみてくださいね☆

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

この記事を読んで、もっと豆苗を活用してくれたり、豆苗の見方が変わると良いなと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました