セロリの保存方法と保存期間【冷凍、冷蔵、常温】美味しい選び方や見分け方

セロリの保存方法と保存期間【冷凍、冷蔵、常温】美味しい選び方や見分け方 春野菜

ある国民的アイドルの歌のタイトルにもなったあの野菜。シャキシャキした食感と独特な香り…好き嫌いが分かれるかと思いますが皆さまはいかがですか?

私自身はとても好きな野菜の一つです♪

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

今日はセロリの保存方法を【冷凍、冷蔵、常温】別に紹介するのと美味しいセロリの見分け方、苦手な方でもすんなり食べられる調理例などお話しますね!

野菜
セロリくん

今日からボクの苦手意識がなくなるかも~♪

▼春野菜(セロリ、スナップエンドウ、さやえんどう、しんじゃがいも、明日葉、クレソン、グリンピース、アスパラガスなど)の保存方法はこちらにまとめています▼
春野菜の保存方法と保存期間まとめ【冷凍、冷蔵、常温別】
スポンサーリンク

セロリの冷凍庫での保存方法と保存期間

セロリ

セロリは確かに、好き嫌いがはっきり分かれますよね。
そんなクセの強いシャキシャキなセロリなので、束で買ったはいいが食べきれない!という事はないでしょうか。

そんなに毎日セロリを食卓に出さないし……

こんな時はやっぱり冷凍保存です♪

食べたい料理に合う切り方で刻んでそのまま冷凍しちゃいましょう。

1ヶ月ほどもちます。

冷凍すると、解凍した時に柔らかくなるのでスープなど煮込み料理におすすめです。ミネストローネなんかは子供も喜んで食べてくれそうですね!(^^)!

野菜
セロリくん

好き嫌いしないでね~。

セロリの常温での保存方法と保存期間

みずみずしいセロリはもちろん常温には向いていません。
セロリは店頭に並ぶころにはもうしなび始めている状態なので、買って帰るとすぐボールなどに水を入れ、1分ほど浸しておくと買った時よりシャキッとして美味しくなりますよ(^^♪

セロリの冷蔵庫での保存方法と保存期間

新鮮なセロリの保存方法は先程のように1分間、水に浸した後、使う分を取り分けたら、葉と茎を別々にカットします。

茎は水を湿らせたクッキングペーパーをポリ袋の底に敷き、茎に水を吸わせながら冷蔵保存ができます。

濡らした新聞紙に包んで、大きめの袋にゆったり入れます!新聞紙を濡らすことで、葉や茎などが乾燥すること無く、保存されますよ。
一番いいのは帰ってすぐに調理をすることですが、買い物終わりは疲れていると思うのでご家庭にある新聞紙を濡らすだけで鮮度を保ったまま夜ご飯の支度が可能になります!

葉もサッと水洗いしたら、キッチンペーパーで包みポリ袋にいれます。こうすると水腐れと乾燥を防いでくれますよ♪

 

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

この方法で1週間ほどもちます

ただ切り口から変色していくので、なるべくなら早めに食べる事をおススメします。

 

野菜
セロリくん

やっぱり鮮度が大切♪

美味しいセロリの選び方・見分け方

セロリ

セロリは栄養価も高いので、ぜひ美味しいものの見分け方を知って、毎日の食事に取り入れたいですね!

まずは、葉の色。鮮やかな緑色のものが新鮮な証です。

鮮度が落ちると黄色みがかってくるので、黄色いものは避けたほうがいいでしょう。そして茎の部分。白くて肉厚なものを選ぶといいようです。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

甘味があってやわらかいですよ。

また、形も平らではなく、巻いたものを選びましょう。

筋のでこぼこがはっきりして盛り上がっているものも美味しいセロリの特徴の一つです。

最後に、お店によっては売れ残ったセロリを切りなおして出すこともあるそうです。

その場合は長さが短くなっているので長さをチェックしましょう。そして切り口にも注目して下さい。切り口がみずみずしいものはいいのですが、黒く変色しているものや、スが入ってるものは鮮度が落ちている証拠です。

特に、生で頂くのには向きませんので注意しましょう。

セロリ嫌いでもパクパク食べられる調理例

ご家庭ではサラダやお漬物などで生のまま食べるという方が多く、シャキシャキ食感と爽やかな香りの強いセロリが苦手という話はよく聞きますよね。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

そんなセロリ嫌いさんにオススメなのが、冷凍したセロリを加熱して食べることです!

セロリの解凍方法

セロリ

冷凍セロリは解凍せずに凍ったままお料理に使えます。

茎の部分はカットしてから冷凍しておくと便利です。

冷凍することで、乾燥に弱いセロリを長期保存できるのはもちろん、香りが弱くなり食感も変わるので、とても食べやすくなります。

また、セロリはお肉やお芋と相性が良いので、ひき肉や玉ねぎと一緒によく炒めてコロッケの具として使うのがイチオシの調理例です。衣をつけるのがめんどくさい時は、ハムと炒めてポテトサラダなんかも美味しいですよ!

セロリ嫌いの子供には、袋でクシャッとするのをお手伝いしてもらうと、料理に参加した喜びからかびっくりするほどよく食べてくれます。何かと時間がかかる台所のお手伝いですが、これなら手間がかからないのでお母さんも嬉しいですよね!

普段食べずに捨てている葉の部分も冷凍しておくととても便利に使えますので、洗ったら密閉袋に冷凍庫へ入れておくと良いですね!

そのまま冷凍した葉っぱの部分は、保存袋の上からクシャッと握るだけで包丁いらずであっという間にみじん切り状態になりますよ。

ただ、一度冷凍してしまうと、繊維感が強くなってしまい口に残るので生食にはむきません。炒め物やスープ、お肉料理の臭み消しなど、加熱して美味しくいただきましょう。

解凍いらずで料理に取り入れやすい冷凍セロリ。

野菜
セロリくん

苦手な方も是非試してみてくださいね~!

スポンサーリンク

セロリの切り方と調理例

セロリ

セロリといえば調理のたびに筋取りをしないといけなくて、めんどくさいなと思ったことはありませんか?

でも切り方を工夫する事で、筋取りをしなくても良い場合があります。またどう切るかによって、食感がとても変わるんですよ!
そこで代表的な切り方の特徴とおすすめの調理法を紹介します。

1.みじん切り

細かく繊維を断ち切る事で、食感が滑らかになりセロリの香りが出やすくなります。ハンバーグやミートソースなどのひき肉料理に適した切り方で、セロリの香りと甘みが際立ち肉の臭みを消してくれます。粗みじん切りにすればタルタルソースや香味ソースのアクセントになりますね。

2.斜め切り

薄く切るとサラダや和え物に、厚く切ると炒め物に最適です。角度をつけて切ると断面が大きくなるので表面積が増えて、味が染み込みやすくなります。浅漬けはさっと味が入り、時間をかけずに食べられます。

3.千切り

セロリ

加熱してもシャキシャキ食感が残るので、スパゲッティや合わせるのがおすすめです。噛む事でより香りが出るので、豚しゃぶに巻いて食べたり茹で鷄に添えるのも良いです。

4.スティックカット

セロリ本来の食感を一番感じられる切り方です。生で食べるスティックサラダや、マリネ液に漬け込むピクルスに適しています。
1〜2のようにセロリを横に切ると繊維を短く断つ事になるので、面倒な筋取りをする必要がありません。香りが強く感じられ食感はやさしくなります。
逆に3〜4のように繊維に沿って切る方法は、シャッキリと歯切れの良い食感が楽しめて、噛んだ時に口の中で香りが広がります。料理や自分の好みに合わせて使い分けてみましょう!

セロリの食べ方と調理例

味が癖にあって子供や大人でも苦手な方の多いセロリ、でも、野菜ジュースやスープに入れるとコクが出て味に深みが出ます!

セロリの茎の部分はオリーブオイルなどで炒めてからキノコやお肉、トマト缶をなどを入れて簡単ミネストローネにするととっても美味しかったです?
また葉の部分も捨てずにごま油などで炒めて、ごまやおかかを振りかけて食べるとおつまみに丁度良い感じがします…!
セロリをピクルスにしたり、チャーハンとして炒めたり、はたまた鳥の肝など脂の多いものと組み合わせたりと実はすごく使い勝手が良かったりします。

セロリのレシピ

デトックススープ

セロリのトマトスープ

抗酸化作用の高いトマトジュースとデトックス効果のあるセロリを組み合わせた美容スープです。寒くなってきたので温かいスープを朝食にいかがですか?

材料 4人分
●冷凍カットセロリ 1本分
●玉ねぎ 1/2個
●人参 1/4本
●ごぼう 1/2本
●しめじ 1/2株
●ベーコン 2枚
●にんにく 1片
●オリーブオイル 大さじ1
★無塩トマトジュース 500ml
★水 200ml
★顆粒コンソメ 大さじ1
●砂糖 ひとつまみ
●塩 適量
●コショウ 適量

作り方
1.にんにくはみじん切りに、ベーコンは1㎝幅にスライスする。野菜は1.5㎝角にカットする。
2.鍋にオリーブオイルをひき、にんにくとベーコンを弱火で炒める。香りが出たら冷凍カットセロリと玉ねぎを入れて、しんなりするまでよく炒める。
3.残りの野菜を加え軽く炒めたら、★を加えて10分煮込む。
4.野菜が柔らかくなったら砂糖を加え、塩胡椒で味を整える。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

ポイント
●セロリと玉ねぎはよく炒めましょう。
●野菜からダシが出るので薄味のレシピです。好みに合わせて調整してください。
●召し上がるときに粉チーズやタバスコをかけでも美味しいです!

野菜コロッケ

冷凍セロリの葉を使って、いつもと一味違うコロッケを楽しんでみてください。野菜嫌いのお子様にもおすすめです!

材料 4人分
タネ
●じゃがいも 4個
●にんじん 1/2本
●玉ねぎ 1個
●冷凍セロリの葉 2本分
●ナツメグ 適量
●サラダ油 炒め用
●バター 10g
●塩胡椒 少々


●小麦粉 適量
●パン粉 適量
●溶き卵 1個分
●揚げ油

作り方
1.玉ねぎと人参はみじん切りにしておく。冷凍セロリの葉は凍ったまま袋に入れて、クシャと握って砕いておく。
2.フライパンにサラダ油を熱し、野菜を炒める。塩胡椒で味を整え、ナツメグを加えたら火を止めて冷ましておく。
3.じゃがいもの皮をむき、大きめにカットする。じゃがいもがかぶるくらいの水を入れ中火で茹でる。
4.竹串が通るくらいしっかり柔らかくなったら水を捨てて、鍋を火にかけて揺すり水気を飛ばしバターを加える。
5.炒めた野菜と茹でたじゃがいもをつぶして混ぜ合わせ、味見をする。薄かったら塩を加ええ、8等分にして成型する。
6.小麦粉→卵→パン粉の順で衣をつけ、170℃の油であげる。

 

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

ポイント
1.茹でた後じゃがいもの水分をしっかり飛ばす事と、衣をつけたら30分ほど休ませる事で、揚げた時に破裂し難くくなります。
2.ひき肉を150gほど入れても美味しいです。その際はバターを入れない方がくどくなくて良いですよ!

野菜
セロリくん

あまり食べたことのない方も鮮度を保つ方法で保存する事で野菜の新しい魅力が見つけられるかもしれません!もしよろしければ、お試しくださいね!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました