えのきだけは常温だと日持ちはどのくらい?冷蔵庫での保存期間はいつまで?

えのき 秋野菜

スーパーに行くと、とりあえず買っとこうかな?と思っちゃう「えのき」。値段的にもお手頃で、手軽に家庭料理に使える主婦の味方☆

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

えのきだけは常温だとどのくらい日持ちするのか?冷蔵庫で保存するとしたらいつまで美味しく食べられるのか?保存方法を中心にまとめています。

スポンサーリンク

えのき

えのきだけの常温保存方法と保存期間

売っているときは常温におかれていると思いますが、買ってきたあとの常温保存はおススメできません。

冬場は1日持てばいいですが、夏場はすぐに腐ってしまいます。

えのきだけの冷蔵保存方法と保存期間

買ってきたその日に使う場合は、袋のまま冷蔵庫の野菜室で保存してかまいません。
使い切らない場合は、石づきを残したまま、洗わずにキッチンペーパーに包んで袋に入れ、野菜室に入れましょう。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

保存期間は、1週間です。

えのきは低温で栽培されているので、野菜室の温度を好みます。保存している間も成長してしまい、どんどん味が落ちてしまいます。早めに食べることを心がけましょう。

また買ってきた袋もまま保存したときは、2~3日をめやすに食べてくださいね。
袋は立てて保存するようにしてください。

えのきだけの冷凍保存方法と保存期間

冷凍するときは、石づきを切り落としほぐして、新聞紙などに包み、わざと空気を入れて保存袋に入れて冷凍します。使いやすい大きさに切ってもよいですよ。なるべく平らになるように袋に入れてください。
ここから冷凍のポイントがあります。えのきは、ゆっくり冷凍させるとうまみが増えるので、冷凍から一時間ほど経ったら、一度取り出してバラバラにするようにほぐしてください。それをまた冷凍します。完全に凍ったら、空気を抜いてくださいね。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

保存期間は、1か月です。

えのきだけの作り置きレシピと保存可能期間

皆さん、「えのき氷」というものをご存知ですか?
えのき味のかき氷じゃないですよ( *´艸`)
元々、長野県ではメジャーな食べ物で、スーパーにも売ってあるらしいのですが、えのきの栄養素を効率よく摂ることが出来るという事で、テレビなどでもとりあげられ、聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。

効果としては、糖尿病予防や便秘予防、コレステロールを下げる働きがあったり、花粉症の症状を和らげたりと身体に嬉しい効果がたくさんありますヾ(*´∀`*)ノ

お味噌や、カレーに入れたり、お肉が柔らかくなるので下ごしらえに使ったりなど、調味料として使える「えのき氷」ですが、わざわざ凍らせるのにもちゃんと理由があるんです!
えのきを凍らせる事で、細胞壁が壊れて、そのまま加熱調理するよりも多くの栄養素を吸収しやすくなります。
また、えのきは、他のきのこよりもカリウムが多く含まれているので、塩分の排出を促す作用もあります。塩分の多いお料理に「えのき氷」を使うのもオススメですよ♪

~えのき氷~

材料:
えのき……2パック(約300g)
水……400cc

手順:
①えのきの石づきを切り落として、ざく切りにする
②ミキサーに①を入れて水を数回に分けて入れてペースト状になるまで、ミキサーにかける。
③鍋に②を入れて火にかける。吹きこぼれに注意しながら沸騰してから60分ほど、沸騰した状態が続く程度の弱火でじっくりと煮詰めうる。
※焦げ付きと吹きこぼれに注意
④粗熱をとってから、製氷機に移し替えて冷凍庫へ
⑤冷やし固まったら、冷凍用のタッパーやフリーザーバッグなどに移し替えて冷凍保存♪

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

3週間を目処に使い切りましょう☆。.:*・゜

えのきだけの選び方と見分け方

選び方のポイントは、ズバリ「色」です。
白さが際立つものがよいですよ。黄色っぽいものは鮮度が落ちています。
スーパーでは透明な袋に入っているので、色の確認がしやすいですね。

見分けのポイントは、シャキッと感です!
軸がしっかりしていて太いもの、背丈がそろっているものがよいですよ。
カサは小さく、プリっと丸いものを選びましょう。

また袋の中の水滴には注意です。多くの水滴のあるものは、鮮度の落ち度を表していて、しなっと見えます。すこし触ってやわらかい感じがするものは避けてくださいね。
袋が膨らんでいるものもダメですよ。

スポンサーリンク

えのきだけの切り方と調理例

私は、袋の上から根元3cmくらいを包丁で、袋ごと切り落としています。石づきが入った袋ごと捨てるので、まな板に石づきやおがくずが散らからずに済みますよ♪
そのあとは、手で房を半分に割いて、用途の大きさに切り分けます。味噌汁や炒め物は、2等分、和え物は3等分くらいがいいでしょう(*^^*)
お鍋に使う時は、1口分くらいの量になるように房をほぐします。根元がまとまっているので、お鍋でグツグツ煮込んでもバラけることもなく、食べやすいですよ(๑’ڡ’๑)୨♡

えのきは、いったいどこまでが食べれて、どこが食べれないのか迷う方もいらっしゃると思いますが、石づきやおがくず部分を切り落とせば、それ以外は美味しく食べれます(*^^*)
根元のまとまっている部分だけを輪切り状にカットして、えのきステーキにしても、旨みたっぷりで、ホタテのような食感が楽しめますよΨ( ‘ч’ ☆)♪

えのきは、年中通して安定して店頭に並んでいるので、キノコの中でも食卓に並ぶ機会が多いと思います。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

お鍋はもちろん、味も染み込みやすく色々な料理に使いやすいですね。

えのきだけの美味しいレシピ

~電子レンジで簡単♪肉巻きえのき~

材料:
えのき……1パック(大きめのもの)
薄切りの豚バラ肉……150~200gくらい
料理酒……少量
万能ねぎ……適量

タレ
酢……小さじ1
醤油……大さじ2
炒りごま……適量
ごま油……適量
(耐熱皿でもスチームクッカーでもOK♪)

手順:
①えのきの石づき部分を切り落として、一口サイズに房をほぐします。
②薄切りのバラ肉で①をクルクルと巻きます。
③耐熱皿もしくはスチームクッカーに②を入れます。
(注意⚠ 肉の巻き終わりを下にして並べます)
④お酒を少量回し入れラップをして、電子レンジ600wで3~4分加熱します。
⑤タレの材料を混ぜ合わせます。
⑥④に⑤をかけてネギを散らして出来上がり♪

ポイント:肉の巻き終わりを下にする事で、お箸で掴んだ際にバラけるのを防げます♪

えのきだけの雑学・豆知識

天然のえのきだけの色は何色?

普段何気なく「えのき」と呼んでいますが、正しくは「えのき茸」と言います。
天然物のえのき茸は、馴染みのある白くてスラッとした姿とは掛け離れており、軸が短く黄色や茶色味を帯びています。また、栽培しているえのきと違って、ヌメリがあるんですよ(*^^*)
やはり旨みや食感も天然物と栽培した物は、格段の差があるようです。天然物のえのき茸は軸が硬く、歯ごたえがあります。
天然物と栽培している物では、見た目が全く違うえのきですが、どちらにも、赤血球を破壊してしまう有害タンパク質成分が含まれているので、必ず加熱してから食べましょう。

えのきだけの栄養素をぐっと引き上げる方法

そして更に知っておきたい豆知識があります!
それは、「日光に当てる」とビタミンDがぐんっと2倍にupします♪2時間ほど日に当てるだけで充分だそうです!キノコ類に沢山含まれている「エルゴステロール」という成分が、日光に当たることで、ビタミンD2に変わるんです!日光に当てるのは、生のきのこでも、干したきのこでもOK♪是非、お天気が良い日は、料理の前に日光に少しでも当てておくと、栄養もおいしさもアップしますよ(*^^*)

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました