しょうがの切り方や食べ方、美味しい調理法や作りおきレシピを紹介!

美味しそうな生姜 秋野菜

薬味として使うことの多いしょうが。
でも薄切りにして佃煮にしたり、千切りにして炊き込みご飯に入れたりするとご飯がものすっごく進みますよね♪

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

今日はそんなご飯のお供くん「しょうが」の切り方、食べ方を中心にお話しますね!
美味しいレシピや作りおきができるメニューもお伝えするので、参考にしてくださーい!

野菜
生姜くん

白っぽいのは新生姜。ボクは茶色の「ひねしょうが」。あんまり聞いたことない名前でしょ。コレを機に覚えてね(笑)

スポンサーリンク

美味しそうな生姜

しょうがの切り方と調理例

みじん切り、千切り、輪切り、すりおろしなど、用途に合わせて使います。

みじん切り

みじん切りは醤油やみりんと一緒に煮て佃煮にして食べると美味しいです。

ご飯の上に乗せると絶品♪止まらなくなりますよ~!

千切り

ご飯としょうがを一緒に炊いて炊き込みご飯にしたり、炊き込みご飯の上にそのまま生でのせても美味しいです。

サバの味噌煮や鶏手羽元を煮る時に、臭みを取る役目があるしょうがですが、私はしょうがそのものも食べたいので、レシピの分量より多めの千切りしょうがをたくさん入れて作ります。
煮物の味が染みたしょうがが、とってもおいしいんですよね~。

また、肉料理の上にのせると脂分がさっぱりしてスッキリ食べられますよ♪

野菜
しょうがくん

たくさん食べ過ぎちゃいそうダネ・・・(*´艸`*)

輪切り

輪切りのしょうがは甘酢につけて「酢生姜」にするのがおすすめです。

厚めに切るとシャキシャキ感が残り、薄めに切ると味が染み込みやすくなるので、フニャッシャキッとした食感になります。

お好みでどうぞ♪

すりおろし

生姜のすりおろし

すりおろししょうがは炒めものを使うときの薬味として入れるのはもちろん、生姜スープ、生姜紅茶などの飲み物、ジンジャーシロップなどにして使うこともできます^^

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

大根おろしにすりおろしショウガを入れるとよりさっぱりするので夏とかにぴったりですよ~!

しょうがの食べ方

みじん切りやすりおろしで、お肉の下味に使われることが多いですが、実はしょうがそのものを食べるレシピもたくさんあるんですよ。

  • しょうが焼き
  • しょうがスープ
  • 佃煮
  • しょうがごはん
  • かき揚げ
  • しょうがシロップ

生姜を食べるときのワンポイント

しょうがは、皮のすぐ下のところに、香りと辛み成分が多く入っています。

豚肉のしょうが焼きや、煮魚などを作るときは、皮をむかずに水洗いして、千切りやすりおろしした方がよりしょうがの風味を楽しめると思います。
冷や奴などに生でしょうがをたべたいときは、表面を水で濡らして、スプーンの先で薄く皮をむくことをオススメします。

しょうがひと片ってどのくらい?

ちなみによくレシピなどで見かける、しょうが1片とはどれくらいの量か知っていますか?

しょうが1片は親指の第1関節くらいの大きさのことを言います。また便利なしょうがチューブの場合は、大さじ1(15g)が、1片にあたります。

野菜
しょうがくん

意外と知らなかったでしょ?

しょうがを保存するときのポイント

しょうがは大きいものが美味しいとされてるんですが、大きすぎるものを選んでも使い切るのが難しいですよね、、、。
そんな時は保存方法を工夫するだけで随分と日持ちしますよ♪

丸々保存したり、使いかけのものを保存するときは水に浸すといいです。
もちろん定期的に水を交換する必要がありますが、これだけでも1か月ほど持ちます!

すりおろしたり、千切りしたり、使いやすい状態で冷凍保存するのもおすすめです(^▽^)
冷凍した場合も、冷蔵保存と同様、1か月以内くらいに使い切るのが理想的です。
いちいち解凍しなくても、冷凍した状態のまま調理に使用できるのでとても便利ですよ♪

野菜
しょうがくん

余らせないように、使い切ってくれたらうれしいな~!

スポンサーリンク

しょうがの美味しいレシピ(作り置き以外)

しょうがといえば、豚肉のしょうが焼き!家庭の定番メニューですよね!おいしく作るレシピを紹介したいと思います!!

<豚肉のしょうが焼き>

豚肉とカボチャの生姜焼き

材料
豚バラ薄切り肉 300g
玉ねぎ ½個
薄力粉 大さじ1
〇しょうが 大さじ1
〇酒 大さじ3
〇みりん 大さじ3
〇しょうゆ 大さじ3

作り方
1 豚肉に薄力粉をまぶします。
こうすることで豚肉から旨みが逃げず、まてタレが絡みやすくなりますよ。
玉ねぎは薄切りにして、600wで2分くらい加熱しておいてください。
2 油を引かずに、豚肉を炒めます。ある程度火が通ったら、玉ねぎを加え、お肉に完全に火が通るまで炒めます。
3 〇の調味料を加えて、全体に絡めたら完成です!!

お肉はタレにつけ込まなくても、十分においしいレシピで、しょうがの風味がきいた1品です!
豚肉の油を使って炒めるので、カロリーダウンもできています!!
ぜひキャベツの千切りと一緒に食べてほしいです。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

薄切りのかぼちゃを入れるとまろやかになります♪

 

<しょうがごはん>

わたしの大好きしょうがごはんもご紹介します♪

材料
米 2合
しょうが   1片
油揚げ   1枚
しょうゆ   大さじ½
酒 大さじ1
だしの素   大さじ½

作り方
1 しょうがは皮をむいて、千切りにします。
2 油揚げも小さく切ります。
3 といたお米に、しょうがと油揚げ、調味料を入れて、2合の目盛りまで水を入れます。
4 あとは普通に炊くだけで、完成です!

しょうがの風味を楽しめるよう、薄味にしてありますが、濃い目が好きな人は、しょうゆを少し足してくださいね。

野菜
しょうがくん

ボクは個人的にしょうゆ少なめが好き♪

作り置きレシピと保存可能期間

<しょうがの佃煮>

みじん切りの生姜

材料
しょうが 皮付きで200g
炒りごま 大さじ1
かつお節 1~2パック
〇濃口しょうゆ 大さじ4
〇砂糖 大さじ2
〇酒 大さじ3
〇みりん 大さじ2

作り方
1 しょうがはよく洗い、2mmの千切りに切ります。
皮付きのままでもいいですが、気になる人は皮をむいてもいいです。切ったしょうがはさっと水にさらして、水気を切っておきましょう。
2 鍋に〇の調味料を入れて沸かします。沸いたら、切ったしょうがをいれ、5、6分炊きます。火加減は中火で。
3 水気がなくなったら、かつお節を手で揉んで細かくし、2の鍋に入れます。そこから1、2分炊きます。
4 最後に炒りごまを混ぜ合わせたら完成です!!

だいたい15分もあれば作れるレシピです。
アツアツのごはんとバッチリ合う佃煮です。お弁当に少し添えるのもいいですね!

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

冷蔵庫保存で1週間を目安に食べてください。

<しょうがシロップ>

生姜とはちみつのシロップ

またこんなレシピもあります。

材料
しょうが 100g
はちみつ 100g
レモン果汁 小さじ2

作り方
1 下準備として、瓶を煮沸消毒しておきます。
2 しょうがは皮をむいて、繊維にそって、薄切りにします。
3 切ったしょうがを瓶に入れ、はちみつを入れます。その上からレモン果汁を回しかけてください。

これで終わりです!常温で1日置いておき、2日目からは冷蔵庫で保存してください。だいたい3日を目安に使ってくださいね。

このシロップに炭酸を注ぐと、手作りジンジャーエールです!自分の好きな濃さに調整できるのも、手作りのいいところですよね!!
また紅茶に入れて、体温まるジンジャーティーも楽しんでください。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

しょうがは体を温めてくれるので、冬もポカポカで過ごせますね♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました