青じそ(大葉)の冷凍保存方法と保存期間。冷蔵、常温保存のコツ

青じそ(大葉)の冷凍保存方法と保存期間。冷蔵、常温保存のコツ 夏野菜

薬味としてとても人気の高い大葉(青じそ)は、βカロテンやビタミンB、ビタミンK、ミネラル等の含有量が野菜の中でもトップクラスで多いお野菜です。

さらには安く手に入れる事ができる為、ついつい手が伸びてしまいますね。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

今日は薬味や彩りとしてよく使われる大葉を長持ちさせる保存方法についてご紹介します(^^

野菜
大葉くん

ボクは鮮度が落ちやすいから気をつけてね~!

スポンサーリンク

青じその冷凍保存方法と保存期間

大葉

盛り付けの彩りによくつかわれる青シソは、栄養も高く冷蔵庫にあると便利な野菜ですよね。

一見、冷凍保存なんて出来そうに思えない大葉ですが、実は…大葉は冷凍して長期保存が出来るお野菜なんです。

冷凍する場合は、きれいに洗った青シソの水分をシッカリ拭き取り、手で小さくちぎりジップロックに入れて保存します。

なのでスーパーで10枚入り100円と、とても安いのでたくさん買ってしまいがちですが、実際家に持ち帰ってみると、そんなにたくさん消費しきれない…、しなびてしまって使えない…、冷凍焼けしてしまった、という方には冷凍保存をオススメします!

野菜
大葉くん

美味しいうちに食べてね~♪

大葉(青じそ)の解凍方法と調理例

冷凍してもカチカチには固まらない為、解凍せずにそのままお料理に使えます。

香りも食感もほとんど生の状態と変わらずに頂く事ができます。「トッピングとして使いたい!」「緑が少しほしいな~」と思った時に、冷凍庫からすぐ取り出して使う事が可能です。

また凍ったまま手で揉んだり砕いたりして包丁を使わずにお料理に使う事もできます。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

凍ったままでも使えて便利ですが、解凍してから使うこともできます!

冷凍のまま使えるっていうけど、やっぱり解凍したいなーという方は、一旦冷蔵庫に入れて半解凍の状態にして使いましょう。

半解凍であれば包丁でお好きなようにカットする事が可能になります。冷凍出来るのは本当に便利ですが、冷凍庫を開け閉めするたびにどうしても霜が付いてしまいますので、なるべく早めに使い切りましょう。
冷凍の大葉は凍ったままの状態でもそのままお料理に使えますので、切らずに冷凍した大葉をおにぎりに巻いて頂く事も可能です。
冷凍大葉の色が少し気になる時には、細かく刻んでうどんやハンバーグの生地に練りこむ方法もあります。

野菜
大葉くん

風味が加わるのでとっても美味しくなるよ~♪

青じその冷蔵庫での保存方法と保存期間

大葉

わたしがおすすめする保存方法は、蓋付の小瓶に少量の水(底に少したまる程度)を入れ青シソの茎を下にして入れます。
葉元から底の水を吸い上げれるように入れるのがポイントです。
青シソの葉に水が付くと葉が傷むので、葉に水に付かないようにして下さいね。
瓶の蓋をして、冷蔵庫で1ヵ月程保存できます。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

すっごい長持ちしますよ♪

瓶の水は時々確認して葉が乾燥しないように注意して下さい。
青シソがたくさんある場合は、ジップロックやタッパーなど密閉できる容器などで同じように保存できます。

スポンサーリンク

青じその常温での保存方法と保存期間

青シソは実は常温保存も可能です。

枝についている状態のものはコップに水を入れたものに挿して1週間ほど常温保存が出来ます。

水は毎日入れ替えしてくださいね。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

小袋やパックに入った葉だけの青シソは常温保存が出来ませんので、冷蔵庫などで保存してくださいね。

大葉(青じそ)の切り方と調理例

あの独特なさわやかな香りは、千切りにすることで主張しすぎることなく、お料理をより一層引き立ててくれます。

そこでベーシックな千切りの方法をご紹介します。

・大葉はさっと洗い、葉元の茎を切り落とします。

・大葉を5~10枚ほど重ね、横半分に切り、切り口を自分の方に向け全て重ねます。

・手前からクルクルと大葉を巻き、巻き終わったら左手でしっかり押さえたままできるだけ細く、端から千切りにしていきます。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

1枚のまま切ると薄すぎてなかなか綺麗には切れないので、必ず5枚程度重ねるようにして切りましょう。

大葉(青じそ)の食べ方

大葉

トッピングとして食べる

大葉は色んなお料理で大活躍してくれます。
刻んだ大葉は、薬味としてそうめんや冷奴にトッピングすると美味しいですよね。

野菜
大葉くん

定番の食べ方だね♪

混ぜたり焼いたりして食べる

さらに卵焼きの中に混ぜて彩りとして調理したり、ささみと一緒に巻きチーズロールにしてメインのお料理にしたり、大葉味噌や大葉キムチなどご飯のお供として頂く事も出来ます。

臭み消しとしても

混ぜるだけでなく、お刺身のツマとして使用したり、お魚料理や手巻き寿司の下に敷き、臭み消しとしても役に立ちますね。

サラダでも美味しい

大葉は和テイストな感じもしますが、レタスや水菜などの葉野菜と混ぜたサラダにすることで簡単にチョップドサラダに早変わり!お好きなドレッシングでさっぱりと頂きましょう。

フレッシュジュースに

さらには、キウイと大葉、水とはちみつをブレンドする事でフレッシュジュースも作れます!
いつも脇役に徹してそうな大葉ですが、メインとしてお料理しても他の具材に負けず劣らず、とても美味しく頂く事ができます。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

脇役に思われがちな大葉だけどいろんな食べ方があります。
お好きな食べ方で召し上がれ♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました