新じゃがいもを長持ちさせる保存方法【冷凍、冷蔵、常温】と保存期間

新じゃがいもを長持ちさせる保存方法【冷凍、冷蔵、常温】と保存期間 春野菜

春にスーパーで見かける「新ジャガイモ」。普通のジャガイモと違って、特別感があり春がきたなぁと感じますよね。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

今日はそんな新ジャガイモの保存方法(冷凍、冷蔵、常温)や、美味しい食べ方についてご紹介していきます。

新じゃがいも
新じゃがくん

ジャガイモくんとはまた違った、ボクならではの美味しい食べ方を教えるよ~!

▼春野菜(セロリ、スナップエンドウ、さやえんどう、しんじゃがいも、明日葉、クレソン、グリンピース、アスパラガスなど)の保存方法はこちらにまとめています▼
春野菜の保存方法と保存期間まとめ【冷凍、冷蔵、常温別】
スポンサーリンク

新じゃがいも

新ジャガイモの常温での保存方法と保存期間

通常のジャガイモは、新聞紙などにくるんで冷暗所で常温保存するのが一般的。

新ジャガイモも同様、常温保存が一番適しています

長期保存はできませんので、1週間~10日程度を目安に、なるべく早めに食べることが美味しく頂くコツです。

砂がついている場合ははらっておき、一つずつ新聞紙に包み、日光の当たらない冷暗所に保管しておきます。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

1コずつまとめるのが面倒な場合は3~4個程度まとめてでもOK!

新じゃがいも
新じゃがくん

日光に当たるとソラニンという毒素が発生してしまうよ(>_<)気を付けて~!!

新じゃがいもの常温保存の注意点

ジャガイモの煮物

新じゃがいもは通常のジャガイモと違って長期間の保存はできません。なぜなら、ジャガイモは通常冬に植え秋に収穫しますが、新ジャガイモは春先~初夏に収穫するので、皮が薄く、水分をたっぷり含んでいるからです。

新聞紙が湿ってきた場合は交換してください。

新ジャガイモの冷蔵庫での保存方法と保存期間

冷蔵保存は避けておきましょう。通常のジャガイモも同じで、低温保存に向きません。

新じゃがいも
新じゃがくん

ボクは寒さが大の苦手(>_<)
冷蔵庫や野菜室には入れないでね~!

新ジャガイモの冷凍庫での保存方法と保存期間

新じゃがいも

スポンサーリンク

昔からジャガイモは冷凍に向いていない野菜として有名です。

冷蔵庫の機能が上がった今、丸ごと冷凍保存する等してジャガイモの冷凍が可能になったとも言われていますが、新ジャガイモは普通のじゃがいもに比べて水分が多いので、冷凍せずに食べたほうが美味しくいただけます。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

出来れば避けたほうがいいですよ~

どうしても食べきれない場合は、通常のジャガイモのように、マッシュポテトにしてから冷凍すると良いでしょう。

じゃがいもの毒「ソラニン」について

じゃがいもの芽にはソラニンやチャコニンという成分が含まれていて、それを食べ過ぎると食中毒になってしまいます。皆さんも家で食べる時には芽をとっていますよね。

時には命を落としかねないほどの毒だそうです。これを聞いて芽には強い毒があるのに、直結している実には毒がないのかという疑問が湧いてきました。

どうして毒があるの?

そもそもじゃがいもの芽に毒がある理由は、モグラやイノシシなどに食べられてしまわないためです。

じゃがいもが育つために重要な芽と花にも毒が仕込まれています。また、日を浴びて緑色に変色した皮の部分にもたくさんの毒が含まれます。

芽が出てしまったじゃがいもをそのまま食べてしまうと、神経に毒が回って腹痛や吐き気、動悸がしたりします。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

特に体重の少ない子供は症状が重くなってしまうのでとても危険です(T_T)

そんな強力な毒が、なんと実の方にも含まれているのです。ただし含まれる濃度が低いため人間が食べても大丈夫という訳です。

普段食べている実の部分にも毒が入っていたなんてびっくりですよね?私は芋好きなのでたくさん食べたらまずいのかな?と新たに不安が浮かびましたが、芽をきちんと処理していれば、量を食べても大丈夫だそうです!

新じゃがいもとじゃがいもの違いについて

北海道のしゃがいも畑

新じゃがいもは、普通のじゃがいもより早く収穫されていて貯蔵されずに私たちの元へ届くので、「新」じゃがいもと呼ぶだけで、普通のじゃがいもと同じ品種です。

当然同じように毒素を持っています。家で長期間放っておくと当然目が出てきます。私は独身時代、放置したじゃがいもに花を咲かせた事があります…(^^;;

皮ごと食べる事の多い新じゃがいもなので、芽や皮の変色には注意して綺麗に取り除いでから食べましょう。

新ジャガイモはとにかく早めに食べよう!

 

新ジャガイモは季節ものの野菜です。ビタミンCは通常のジャガイモよりも多く含まれているなど、栄養も豊富。

皮が薄いので栄養が多い皮ごと食べられるのも新ジャガイモの利点です。

ですが、長期保存は向かないので、新じゃがいもの魅力を楽しめるように冷蔵保存を避け、買ったら早めに食べてしまいましょう。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

どうしても使い切れない場合はマッシュポテトにして冷凍保存するのがベスト。

せん。

新じゃがいも
新じゃがくん

旬の時期にしか食べられないボク。美味しいうちに早めに食べてね~!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました