おかひじきの美味しい食べ方とシャキシャキを楽しめる作り置きレシピまとめ

おかひじきの美味しい食べ方とシャキシャキを楽しめる作り置きレシピまとめ 春野菜
ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

珍しいお野菜おかひじき。あまり見かけない、耳にしたことがない人も多いかもしれませんが、実は日本に古来からあるお野菜です。

この記事ではおかひじきの美味しい食べ方や調理方法をお話します♪

野菜
おかひじきくん

シャキッとしてるからサラダや和え物、お刺身のツマにしても美味しいよ~♪

スポンサーリンク

おかひじきの美味しい食べ方

おかひじきの献立

美味しいおかひじきの特徴はきれいな緑色。
そして、まだ若そうな、柔らかい葉や茎が歯ごたえも良く美味しいです。
買ってきたら、まずサッと水洗いします。
根元のほうを少し切り落としてから調理に使いましょう。

おかひじきの和え物

火も通りやすいので、和え物にも向いています。
コーンマヨやツナマヨと和えたり、和風ドレッシングも合いますね。

シャキシャキを味わえるおかひじきの和え物のレシピです。

 

材料

  • おかひじき     1袋
  • 和風ドレッシング  適量
  • 白ごま       適量

①おかひじきをサッと水洗いしたら、適度な長さにカットする。
②沸騰したお湯に10〜20秒ほどですくいだします。
③水気を切ったおかひじきをボウルに入れ、まだ熱いうちに和風ドレッシングをお好みで和えます。
おかひじきが熱いうちにドレッシングをかけることで、酢がまろやかになりますよ♪
④仕上げに白ごまを振りかけて完成!シャキシャキを楽しめる一品です。

おかひじきの卵焼き

子供がよく食べてくれるのが卵焼き。
おかひじきも入れて栄養アップしちゃいましょう!

材料

  • おかひじき   1/2袋
  • 卵       3個
  • 水       大さじ2
  • 白だし     大さじ1

①おかひじきは沸騰したお湯に10〜20秒ほど茹でます。
サッとゆでてざるに取り、水気を切っておきます。
②ボウルに卵を溶きほぐし、水、白だしを入れます。
そこに1㎝幅に刻んだおかひじきを入れ混ぜたら、あとはいつも通りに焼くだけ。

朝にこれが食卓に出てくると、1日元気に過ごせそうですよね(^^)

おかひじきのベーコン炒め

おかひじきはシャキシャキ食感が特徴のお野菜です。
適度な長さに切ったら、カリカリに炒めたベーコンにさっと絡めて、醤油を少したらすだけでも十分美味しい一皿になります。
ベーコンのうまみで子供もパクパク食べてくれるのでおススメですよ。

スポンサーリンク

子供に食べてほしい時は、卵焼きに混ぜ込んだり、ハンバーグの種に入れるとおいしいです。
独特のクセが和らいで食べやすくなりますよ。

おかひじきの作り置きレシピと保存可能期間

生のおかひじき

次に作りおきができるレシピを紹介します♪

おかひじきは東北が主な野菜。ここでは東北の伝統のレシピをご紹介しますね。

材料

  • おかひじき   一袋
  • 醤油      小さじ1
  • 和からし    少々

①サッと洗ったおかひじきの切り口を少し切り落とします。
沸騰したお湯に20秒ほどでざるにあげ、水を切ります。
この時に、氷水にさらすと、よりシャキッとなりますよ。
水はしっかり切って下さいね。
②ボウルに醤油、和からしをいれて、カットしたおかひじきを和える。

簡単レシピで助かりますね。和え物なら冷蔵で4日は美味しく食べられますね。
マヨ和えにすると傷みも早いので2日までがおススメです。

おかひじきの献立例

おかひじきの選び方

おかひじきは独特の風味と他にはないシャキシャキ食感が特徴の野菜。
なので食卓には1品あるだけでも十分存在感があります。

和え物にするなら、他の食感のメニューと組み合わせるといいですよ。

・おかひじきの和え物(和風なら)
・魚の煮つけ、生姜焼き、照り焼きチキンなど
・味噌汁や中華スープなど

・おかひじきの和え物(洋風・マヨ和えなど)
・煮込みハンバーグ、ロールキャベツ、フライもの
・コンソメスープ、ミネストローネなど

メインにおかひじきを持ってくるなら、洋風でも和風でも合うと思いますが、
おススメを挙げてみますね。

・おかひじきのソーセージ炒め
・根菜のかきたま汁
・厚揚げのチーズ焼き

子供がよく食べてくれるメニューなのでおススメです。
食感がいろいろあると、食べ飽きないので、シャキシャキ、ふわふわ、とろとろ、カリカリ、など家族が好きな食感を押さえていると間違いありません(^_^)

 

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

おかひじきはビタミンやミネラルがとっても豊富!
特にカルシウムや鉄分は、子供や女性に嬉しいですね。
ぜひ美味しく頂いちゃってください~!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました