さやいんげんの旬の季節と美味しい食べ方。選び方のコツは?

さやいんげんの旬の季節と美味しい食べ方。選び方のコツは? 夏野菜

さやいんげんとさやえんどう、名前はにてるけど形はチガウ。
私はいつもどっちがどっちだかわからなくなります(笑)

今日は

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

さやいんげんの旬の季節や美味しいさやいんげんの選び方のコツ、美味しい食べ方についてお話します~!

野菜
さやいんげんくん

いろんな食べ方があるので参考にしてね~!

スポンサーリンク

さやいんげんの旬の季節

いんげん

さやいんげんは4月から8月くらいの春から夏にかけてが旬の緑黄色野菜です。
いんげん豆のまだ若い時のさやに入った状態で食べる野菜がさやいんげんです。

美味しいさやいんげんの選び方

全体にハリがあり、まっすぐ細く豆の形がわかりにくく、色が緑色の濃いもので、先端の部分が立っている物が良いです。
収穫から時間が経つと黄色く変化していきます。
豆がボコボコしているものは、成長しすぎて固くなっていることがあります。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

切り口が茶色くなっているものは避けるようにしましょう。

生で保存の場合はラップに包んで野菜室に、すぐに鮮度がおちるので早めに使いきりましょう。
固めに茹でれば冷凍保存もできます。

さやいんげんの食べ方

いんげん

個人的にさやいんげんの魅力をダイレクトに味わえるのは、塩茹でしてからマヨネーズを付けて食べることだと思います。

ホクホクのさやいんげんにマヨネーズのこってりとした甘み!

これだけでおかずになるので、忙しい日の献立にピッタリじゃないでしょうか?

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

想像しただけで美味しそう♪

 

また、マヨネーズだけじゃ物足りない人はハムを巻いてつまようじで固定してからマヨネーズを付けたらさらに最高な一品に!

さやいんげんにハムの塩気が加わって、たまらなくなること間違いなしです。

加熱するならバター炒めが絶品♪

加熱するなら、「さやいんげんのバター炒め」はいかがでしょうか。

ヘタを切り落として塩茹でしたさやいんげんを食べやすい大きさに切り、バターで炒める。

ただこれだけですが、やはり美味しいものはシンプルな方が良いかも知れません。

カロリーは高くなりますが、個人的にはバターが多めが美味しいかな?と思います。

カロリーは気になりますが…(^^;

あとは、天ぷらやごま和えも定番で美味しいですね!

さやいんげんの食べ方はたくさんありますし、レシピもが、気に入る食べ方が見つかると良いですね☆

野菜
さやいんげんくん

いろんな食べ方を試してみてね~!

スポンサーリンク

さやいんげんの切り方と調理例

いんげん

さやいんげんの美味しさや食べ方は十分伝わったと思いますが、さやいんげんはどのように切って調理したら良いのでしょうか?

さやいんげんの切り方には以下のものがあります。

①ぶつ切り

②斜め切り

①ぶつ切り

まず先端にあるへたを切り落とし、そこから3等分くらいに普通に切ります。

コツは…正直いりません(笑)

普通に切ればぶつ切りになりますので、不器用な人でも大丈夫!

失敗いらずの切り方です。

簡単ですが、煮物にも炒め物にも使えるため、万能です。

②斜め切り

ぶつ切りと比べるとほんの少しだけ難易度が上がりますが、覚えておくと便利です。

まずはぶつ切りと同じく、へたを切り落とします。

あとは、斜めに切っていくだけ!

ぶつ切りと違い斜めに切ることにより、調理の際に熱が加わる面積が広くなるため、ぶつ切りより早く火が通るようになります。

野菜
さやいんげんくん

時短したいときにピッタリ!

火の通りが早いため揚げ物に使ったり、斜め切りにすることによりぶつ切りより見映えがよくなるため、肉じゃがのトッピングなんかにも使えるのではないでしょうか?

簡単なので是非ともお試しあれ!

さやいんげんの雑学

さやいんげんは言うまでもなくですが、緑色の野菜です。

人間は緑色のものをみると、癒しや安心感を感じるそうです。

さやいんげんにも同じような効果が期待出来るのではないでしょうか?

しかも、ただ緑色をしているだけでなく、美味しいのです。

癒し効果、めちゃくちゃありそうな気がしてきませんか?

野菜
さやいんげんくん

ボクが癒やしてあげる♪

栄養素

体内に入ると、粘膜や皮膚を健康に保つ作用のあるビタミンAへと変化するβカロテンがレタスの3倍と非常に多く含んでいます。夏の強い日差しでのお肌のトラブルから遠ざけてくれます。カリウムも多く含まれていて、体内の水分量を調節をして、むくみ防止効果も期待できます。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

何かとストレスの多い現代社会、さやいんげんを食べて乗りきりましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました