らっきょうの賞味期限や旬を美味しく味わえる食べ方

らっきょうの賞味期限や旬を美味しく味わえる食べ方 春野菜

らっきょうといえば、甘酢漬け。

でもてんぷら、お味噌汁として頂くととても癖になる味になります♪

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

今日はらっきょうの保存方法別の賞味期限や、旬を美味しく味わえる食べ方を中心にお話します!

野菜
ラッキョウくん

実はいろんな食べ方があるんだ!どれも美味しいから楽しみにしててね~

スポンサーリンク

らっきょうの賞味期限

らっきょう

らっきょうは保存方法によって賞味期限に違いが出てきます。

甘酢漬けにすると、半年から1年保存できますが、らっきょうは収穫してからすぐ芽が伸びてくるので、常温での保存はできません。

ちなみに甘酢漬けはうまくいくと2~3年位長持ちすることもあります!

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

長持ちさせる甘酢漬けの作り方はあとで詳しく紹介しますね。

また冷蔵庫での保存は野菜室で3日ほどです。生のらっきょうは冷凍保存には向きませんが、甘酢漬けを冷凍保存するときには数年~10年くらい持ちますよ!

 

野菜
らっきょうクン

ただ、早めに食べたほうが美味しいけどね(笑)

 

らっきょうの常温での保存方法と保存期間

ナマのらっきょうは常温保存には向きませんが、酢漬けにすると常温保存ができます。

らっきょうの甘酢漬けの保存方法と保存期間

でも甘酢漬けを作るのは難しい~メンドクサイ~って思っていませんか?

でも市販のらっきょう酢を使うと意外と簡単ですよ♪

根と先を切って、水を流しながら薄皮をむきます。そこに熱湯をかけてから、水気を切って保存容器に入れ、らっきょう酢を入れるだけです。

これなら常温で保存することもできます。

涼しく日が入らないところに置いて、雑菌が入らないように、容器から取り出すときは清潔なもので取り、あまり頻繁に蓋を開けない方が長持ちします。塩漬けしなくていいので便利ですよ!

野菜
らっきょうクン

漬けてから3週間くらいが食べごろ♪

らっきょうの冷蔵での保存方法と保存期間

らっきょう

土付きのらっきょうを新聞紙に包んで保存袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で3日ほど保存できます。

甘酢漬けなら、封を開けていなければ、冷蔵庫で2~3年は大丈夫ですかね。
漬け汁が透明で、腐敗臭がなく、細かい泡が立っていなければ、それ以上でも保存可能ですよ。
永く浸けておくと、茶色っぽく柔らかくなってきますよね。わたしは、硬めの方が好きです(^^♪

らっきょうの冷凍での保存方法と保存期間

らっきょうは実は冷凍保存も可能なのですが生のらっきょうは冷凍やけを起こすので、冷凍はしないほうがいいですね。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

冷凍するにあたっては一度漬けてからの方がオススメです。

甘酢漬けしたものを保存容器や保存袋に漬け汁ごと入れて、空気が入らないくらいに密閉してから冷凍します。

 

これで数年~10年くらいは保存できますが、なるべく早めに食べたほうが美味しいですね。

らっきょうの解凍方法と調理例

酢漬けのらっきょうを解凍するときは、自然解凍しましょう。
冷蔵庫から取り出したまま常温で解凍したらOKです。一度漬けて冷凍しておけば解凍後すぐ食べられて便利ですよ。

野菜
らっきょうクン

酢漬けにすればかなり長持ち♪

美味しいらっきょうの選び方や見分け方

新鮮ならっきょうを選ぶ際は、鱗茎(実の部分)がふっくらとしており全体的に丸みを帯びているものを選びましょう。

中心から芽が長く伸びているらっきょうは収穫から日が経っている可能性があるので、なるべく避けた方がいいです。
見分け方として他には「色が白くかたくしまってツヤのあるもの」「表面にキズのないもの」を重視して選びます。
さらに栽培当初は粒の大きいらっきょうが育ちますが、2年目以降は粒が分かれて小さくなります。酢漬け等にする際には粒の大きさがなるべく揃っているものの方が均一に漬かるのでとても美味しく召し上がれますよ。

らっきょうの下ごしらえ

らっきょう

らっきょうの下処理の方法としてはボウルや鍋に水をはりらっきょうを洗います。

何度か水を入れ替えて泥が落ちるまで洗います。水かららっきょうを取り出したらヒゲ根を切り落としたら表面の薄皮を剥き芽を切り落としもう一度水洗いしたら下処理は終了です。

下処理が終了したら酢で漬けたり火を加えたりして調理してください。

らっきょうの切り方はみじん切りにしたりスライスしたりがあります。

らっきょうの食べ方

らっきょうの食べ方はそのまま食べてもいいし定番の甘酢漬け塩漬け醤油漬けやタルタルソースにしたり炒めたり揚げたりする方法もあります。らっきょうは漬けても料理に加えても美味しいんですよ。

らっきょうのレシピ

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

酢漬けが美味しいラッキョウですが、それ以外にもいろんな調理法があるんですよ♪
ここからはいろんならっきょうレシピを紹介します!

野菜
ラッキョウくん

いろんな食べ方を試してみてね!

 

★らっきょうのタルタルソース

✳︎材料
らっきょう・・・5粒
ゆで卵・・・2個
◯マヨネーズ・・・大さじ3
◯塩、胡椒・・・適量
◯酢・・・小さじ1
パセリ・・・お好みで

✳︎作り方
1.らっきょうをみじん切りにします。
2.ゆで卵を作りフォークで潰します。
3.らっきょうとゆで卵を混ぜそこに◯の調味料を加えます。
4.ここでお好みでパセリを散らせば完成です。

★らっきょうのかき揚げ

✳︎材料
らっきょう・・・50g
甘酢生姜・・・60g
(衣)
◯小麦粉・・・2分の1カップ
◯片栗粉・・・小さじ1
◯水・・・適量
油・・・適量

✳︎作り方
1.らっきょうを薄切りにし甘酢生姜はみじん切りにしておく。
2.ボウルにらっきょうと甘酢生姜を入れ◯の衣の材料を加えてまとまるくらいにあわせる。
3.一口大くらいのサイズに成型し油であげたら完成です。

スポンサーリンク

★らっきょう入り肉団子

✳︎材料
らっきょう・・・30g
豚こま肉・・・150g
◯醤油・・・大さじ1
◯みりん・・・大さじ1
◯料理酒・・・大さじ1
小麦粉・・・適量
ゴマ・・・適量

✳︎作り方
1.らっきょうはみじん切りにしておく
2.豚こま肉を広げて刻んだらっきょうをのせて丸めて形を整えて小麦粉をまぶしておく。
3.油を入れたフライパンに2を入れて万遍なく焦げ目がつくまで焼いていく。
4.3に◯の調味料を入れとろみがついてきたらゴマを振りかけて完成です。

らっきょうの作り置きレシピと保存期間

らっきょう

★らっきょうの甘酢漬け

✳︎材料
らっきょう・・・800g
塩・・・50g
◯砂糖・・・220g
◯水・・・150cc
◯酢・・・350cc
鷹の爪・・・適量

✳︎作り方
1.らっきょうの下処理を済ませておきます。
2.塩揉ししばらく寝かせたらお湯で30秒加熱します。その後流水にさらし水を切っておきます。
3.◯の調味料を混ぜて甘酢を作り煮沸消毒した瓶に入れておきます。
4.らっきょうが冷めたら瓶にらっきょうを入れて鷹の爪を加えたら1ヵ月漬けて完成です。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

※保存期間は常温保存で1年です。

★らっきょうの塩漬け

✳︎材料
らっきょう・・・800g
塩・・・90g
水・・・850g
鷹の爪・・・適量

✳︎作り方
1.らっきょうは下処理を済ませておきます。
2.鍋に水と塩を入れて沸騰させておきます。
3.煮沸消毒した瓶に水を切ったらっきょうと2と鷹の爪を入れて1〜2週間寝かせたら完成です。
✳︎しばらく塩漬けで食べた後甘酢を加えて甘酢漬けに変更可能です。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

※しっかりと発酵したものなら常温で1年間保存できます。

★らっきょうの醤油漬け

✳︎材料
らっきょう・・・800g
◯醤油・・・大さじ2
◯酢・・・大さじ1
◯みりん・・・大さじ1
◯料理酒・・・大さじ1
昆布・・・適量
鷹の爪・・・適量

✳︎作り方
1.らっきょうは下処理を済ましておく

2.らっきょうを塩揉する。

3.鍋に料理酒とみりんをいれ煮込みます。

4.鍋に昆布と鷹の爪をいれて沸騰させる。

5.鍋に酢と醤油を加えてさらに一煮立ちさせます。

6.煮沸消毒した瓶にらっきょうと5を入れて数時間寝かせたら完成です。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

※保存期間は1年程です。

らっきょうの雑学と豆知識

らっきょうの栄養素

らっきょうにはアリシンというものが含まれておりそのアリシンという成分には疲労回復や血行促進や免疫力アップという効果があります。

また、らっきょうは玉ねぎの仲間で硫化アリルが多く含まれています。硫化アリルはビタミンB1の吸収を促進するため、豚肉と一緒に頂くと効果アップです!

さらにたくさんの食物繊維が含まれているため、便秘に悩まされている方は是非お試しください。特にらっきょうの食物繊維は水溶性食物繊維といい良い効果が豊富と言われています。
水溶性食物繊維の効果はコレステロールの吸収を抑えたり血糖値の上昇を抑えたりする効果があり生活習慣病を予防する効果があると言われていますよ。

野菜
ラッキョウくん

ボクは栄養面でも大活躍♪

 

 

らっきょうを漢字で書くと・・・?

らっきょうのことをらっきょという人もいますが正しいのはらっきょうでそのらっきょうを漢字で書くと辣韮となります。

辣と言う漢字には辛いと言う意味があります。韮という漢字が含まれるのはらっきょうと韮は実は同じ分類だからなんですよ。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

酢漬けだけではなく、いろんな料理に使えるラッキョウ♪
ナマのラッキョウを手に入れたらぜひ今回のレシピに挑戦してみてくださいね。

 

 

野菜
らっきょうクン

春から初夏が食べごろだよ~♪

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました