ししとうを長持ちさせる保存方法とコツ【冷凍、冷蔵、常温別】辛くないものの選び方

ししとう 夏野菜

ししとうは疲労回復に効果のあるビタミン類が豊富に含まれているお野菜。

炒めたり揚げたり煮たりと料理のバリエーションが広がりますね♪

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

今日はししとうを長持ちさせる保存方法とコツを冷凍、冷蔵、常温別に紹介します♪
また、辛いししとうが苦手という方のために「辛くないししとうを選ぶ見分け方」も紹介しますね。

野菜
ししとうくん

カライからって嫌煙しないでほしいよ~(T_T)

スポンサーリンク

ししとうの冷凍での保存方法と保存期間

ししとう

ししとうは冷凍保存が可能です(^^)b
洗って水気をふいてヘタをとったらポリ袋に入れてそのまま冷凍できるんです。
1ヶ月くらいは保存できるお野菜ですよ!

調理するときは冷凍のまま使って下さいね。
もしくはカットしてから冷凍もOK!
ヘタと種を取り除いたら千切りに。
金属トレーなどに並べて冷凍します。
凍ったらポリ袋に入れておけば取り出してすぐに使えますね♪

野菜
野菜

忙しいママにとってはすぐに使えるのがやっぱり便利♪

ししとうの冷蔵での保存方法と保存期間

買った次の日くらいまでに使うのであれば、パックのまま冷蔵庫にいれてもOK!
でも、もう少し長持ちさせたいなら、新聞紙に包んでポリ袋の入れてから野菜室に入れておきます。
そうすれば4~5日はもちますよ。

ししとうの常温での保存方法と保存期間

ししとうは常温のままで置いておくこともできますが、冷暗所の方が長持ちします。
すぐに使わないのであれば、冷蔵庫での保存がおすすめです!

ししとう味噌とおにぎり

ししとうの選び方と辛くないししとうを選ぶコツ

ししとうは辛味のないとうがらしの一種。夏が旬で緑色が鮮やかな野菜です。

辛いというより苦味が強く感じられるものが多いですね。ピーマンとも野菜の親戚なので、味はピーマンの方が近い気がします。

そんなししとうを選ぶときは、皮にハリとツヤがあり、ヘタがしっかりしているものを選びましょう。

細長く小ぶりのものの方が味が良いとされています。

ししとうはまだ若いうちに収穫されるので、大きいものは適正な収穫時ではない可能性があるからです。切り口が変色してないもの、触ってみて柔らかさのあるものが新鮮です。緑のししとうは、熟れてくると赤くなり、甘みが増すので、甘とうがらしとも呼ばれています。

スポンサーリンク

辛くないししとうの見分け方

ちなみにししとうは「獅子唐辛子」というのが正式な名前で漢字ではこう書きます。見ての通り青唐辛子の仲間ですが、通常辛味はありません。

でも実際に食べてみると辛ーい!となってしまった経験はないですか?(^^;)

野菜
野菜

あるよね・・・・・

私は引きが強いのか、たくさんある中から選んで食べても、たいてい一本目が激辛です・・・

なんでししとうは辛いものとそうでないものがあるのか、また辛いししとうの見分け方を調べていきたいと思います。

辛いシシトウの見分け方として、色がやや黒み帯びた緑のものや、形がいびつなものは辛い可能性があるので、避けた方がいいです。

また、表面にシワや光沢がなく、小さいものも避けたほうがいいですよ。

どうしてシシトウは辛くなってしまうの?

ししとうは肥料や受粉状態、高温、水不足などのストレスがかかると、辛さを蓄えて辛くなるものがあります。

そうか…人間だってストレスを溜め込んだら心がトゲトゲしてしまいますよね。あの辛味はししとうの我慢の証だったんですね。

そうは言われても、私たちが手にするときにはどんな環境で育ってきたかはわからないので、スーパーで買う時には上記の方法で見分けましょう!

実際にスーパーで買ってみた!

なるほど!これは試してみるしかないと思い、早速買い出しに走り煮浸しにしてトライしてみました!

10本用意した中から慎重に選んで一番大きいものを食べてみると…辛くない!いつも一発で大当たりなのでこれは嬉しい。夫と交互に食べていき、私は最後までセーフでした!夫は3本目くらいで引き当てていました(笑)

これからはしっかり見極めて美味しくししとうを食べられそうです。

ちなみにししとうはタネとヘタの部分が辛いそうなので、そこを取り除くとほとんどのものが辛味を感じないそうですよ!皆さんもお試しあれ!

ししとうは疲労回復に効果のあるビタミン類が豊富に含まれているお野菜。

炒めたり揚げたり煮たりと料理のバリエーションが広がりますね♪

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

ししとうってあんまり食べる機会がないけど、焼き鳥屋さんとかで食べると美味しいですよね!
もし手に入れたら正しい保存方法で美味しく長持ちさせましょ~♪

野菜
ししとうくん

おうちでもぜひ食べてみてね~!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました