鉄道博物館のビューレストランに行ってきた!安いし新幹線も見れて子連れランチにぴったり♪

ゆと子の雑談

乗り物大好きなゆとと埼玉県大宮市の鉄道博物館に行ってきました!

ちょうどお昼前に行ったので「お昼ごはんどこで食べようかなー」と悩んでいたら、てっぱくのリニューアルで最近オープンしたビューレストランを発見!

ここがまぁ景色が良くて、新幹線や電車が見えるし、メニューも安いし大満足でした(*^^*)

今日はこのビューレストランを中心に、『てっぱくのランチ事情』についてまとめてみたいと思います。

鉄道博物館でご飯が食べられるところ
  • ビューレストラン
  • 日本食堂(洋食レストラン)
  • 駅弁屋さん
  • ランチトレイン
  • ハンバーガーやさん

全部写真にとってきましたよー!

スポンサーリンク

鉄道博物館の子連れにおすすめのビューレストラン

この日は天気が良くて絶好のお出かけ日より。

ビューレストランからの景色は抜群でした!

フロアの両側が明るくひらけていて、片方にはJRの電車、片方には新幹線の線路が走っています。


特に新幹線側は線路の距離が近いので間近で走っている新幹線が見れる!

そんなこともあって平日水曜日の昼にもかかわらず窓側は満席でした。

 

新幹線が通ると子供と大人のどよめきが…!

うちの子も新幹線が通ると「あ!しんかんせんだぁー!!!」と指差してはしゃぎまくり。

 

ここにしてよかった(*´ω`*)

ビューレストランの値段

てっぱくにはいくつかレストランや駅弁の売店など食べるところがいっぱいあるんですが、このビューレストランのお値段は比較的リーズナブル。

 

お子様セットは800円、私が食べたハチクマライス(まかない丼)880円、主人が頼んだベロネーズ(スパゲティミートソースにカツが乗っている)980円でした。

ちなみにクレジットカードは使えないけど現金とスイカは使える。

タッチパネルで食券を買って、ベルを渡されるパターンです。

ほかのとこはお子様プレート1000円とか新幹線の駅弁1300円とかだったのでビューレストランの安さに感激♪

メニューを見てすぐここに決めました。

ビューレストランで子供が食べれるメニュー

ここで3歳以下の子供が食べられそうなメニューとしては

  • お子様セット
  • うどん(きつねうどん、肉うどん)
  • パスタ(ナポリタン、ベロネーズ)

くらいかなぁ。

あとはから揚げとかアメリカンドックのスナックセットになっちゃいます。

赤ちゃんが食べるならうどんくらいしかないかな?

もし離乳食期などの赤ちゃんを連れてくなら、一階に「ランチトレイン」という持ち込みオーケーな食堂車みたいのがあるので、そこで好きなのを持ち込んで食べてもいいかも。

 

基本はセルフサービス。

水飲み放題。

調味料もこんなに。

ケチャップ、塩コショウ、ドレッシング、タバスコ、七味、ソースなどなど。

子供用のスプーンやフォーク、紙ナプキン、ストローなど。

お子様セット

ここからはビューレストランで食べたご飯を紹介したいと思います。

はい、お子様ランチ

ドーン。

中身は

  • ハンバーグ
  • からあげ
  • 玉子焼き
  • ウインナー
  • ポテト(大量)
  • ごはんとふりかけ
  • りんごジュース
  • プリン

というラインナップ。

結構なボリュームですが野菜感はゼロです(笑)

3才の息子はそんなに食が細いわけではないですが、食べきれなくてポテトは主人とつまみ食いしました。

ハチクマライス(まかない丼)

ハチクマライスに乗ってるのは

  • ハンバーグ
  • 千切りキャベツ
  • 厚切りハム
  • 目玉焼き
  • しば漬け

ごはんにはハンバーグのソースがかかってますが意外に味はうすかったです^^;

目玉焼きはそんな半熟でもなくどちらかといえば固め。

ハンバーグの味は感動するほどではなく…(爆)でしたが、でもおいしかったですよ(*´ω`*)

ベロネーズ(パスタ)

ちょっと酸っぱめのミートソースにとんかつが乗ってます。

このとんかつ揚げたてだったのかサックサクで美味しかった!

麺はもちもちだったので、食べやすかったです。

スポンサーリンク

てっぱくの中のランチどころ

てっぱくの中の食事どころは他にも

 

  • 日本食堂(洋食レストラン)
  • 駅弁屋さん
  • ランチトレイン
  • ハンバーガーやさん

 

があります。

日本食堂(洋食レストラン)

ここはてっぱくの2階にあるレストラン。
列車の食堂車の中で食べてるような感覚が味わえる。


メニューはビーフシチューとかオムライスとかハンバーグとかお子様プレートなどの洋食。

ほかにも食堂車時代から出されているビーフカレーとか寝台特急北斗星やカシオペア出だしていた牛フィレステーキなんかもあるので、好きな人にはたまらないのかも。

料金はちょっと高めで我が家は断念(^_^;)

駅弁ショップ

鉄道博物館の外、北と南に2箇所あります。


ラインナップは新幹線や機関車の形をしたケースに入ってるお弁当、
東京都や神奈川県、秋田県の駅弁、サンドイッチなど。
駅弁は正規の値段みたいです。
新幹線型のはかなり高い(^_^;)でもはやぶさ、こまち、山形新幹線つばき、0系、E7系などなど種類がいっぱい。
ほかにもとれたんず(新幹線の形のアニメキャラクター)のお弁当、1号機関車弁当、てっぱくランチボックスなどなど。
うちの子は新幹線の形をしたペットボトルを見て「あ!しんかんせんだぁー!!」と感動してました(*´ω`*)

 

ランチトレイン

もうひとつ。

駅弁屋さんの隣にあるので、そこで買ったお弁当を持ち込んでもよし、自宅から持ってきたお弁当を持ち込んでもよし。

離乳食期の子どもさんがいる過程はこういうところがあると助かりますよね^^

ハンバーガー屋さんで食べてみた

てっぱくの中で一番安くてリーズナブルなのはハンバーガー。こどもの飲み物持ってきてる人も多いと思うので、単品なら400円位で食べれます。
ここのハンバーガー屋さんの隣にはプラレールで遊べる広い遊び場があるので、子供が先に食べ終わっちゃったらプラレールで遊んでもらってるうちにごはんを済ませちゃうこともできる。
上の子がいて下の子にはママが食べさせなきゃいけない時とかは、先に食べ終わった上の子を遊ばせてるうちに下の子に食べさせたりとか、うまく使ってるお母さんも多かったです。
この場所は特に尖った危ないものとかはないので、少しくらい目を離してても大丈夫。
心配なのはプラレールの取り合いくらい(笑)

主人はスパゲッティーだけでは足りなかったのか、ハンバーガー屋さんでテリヤキハンバーガー食べてました。
一口もらいましたがパンがふわふわでハンバーグも美味しかった。
1才児とかにはには味が濃いかも。
私はミニドーナツ食べちゃいました(*´∀`*)


左からチョコ味ストロベリー味キャラメル味。


チョコ大好きな私はやっぱりチョコ味が好きでした。

てっぱくの遊びどころ

キッズプラザ(プラレールコーナー)

鉄道博物館の中には見るところも遊ぶところもいっぱいあるんですが、子供が一番楽しんでたのはプラレールがたくさんある遊び場。
(写真撮り忘れた…(T_T))
レールを自分でつなげたり、中央にある大きなレールに手転がしでプラレールを走らせたり。
帰るときは「まだ遊ぶウゥー!!!」とただっ子で、車に乗ったあとも「プラレールでまだ遊びたかったヨ…」とずっと言ってました(^_^;)
これがあるフロアにはクッションで囲まれた乳児が遊べるフロアもあるので、小さい赤ちゃんとかはここが安全。でもみんなプラレールの方に夢中でここは閑散としてました。

てっぱくひろば

新館の外側にも遊ぶところが。
滑り台や

新幹線に馬乗りになれる遊具があります。

床はちょっと柔らかめなので、小さい子が転んでも安心。


外遊びが大好きなゆとはココでも大はしゃぎ。何度も滑り台すべったり新幹線にまたがってました。

ミニはやぶさ号

てっぱくひろばのところに子供と大人が一緒に乗れるはやぶさがあります。
大人も子供も1回200円。

乗るときに切符を人数分渡してくれてお持ち帰りオーケー。


運転手さんを先頭にてっぱくひろばを2周してくれます。

スピードは5歳位の子供が走るより少し遅目。でも乗ってると結構早く感じます。

てっぱくライン

新幹線の形をした列車にタダ(無料)で乗ることができる!

もちろん我が家も乗りました!


座席は一番前と一番後ろは運転席があるので2人がけ。他は4人がけ。
席には自由に乗るわけじゃなくて並んだ順に係の人が乗る場所を指定して乗って行くタイプです。

20分間隔で所要時間15分とかいてあったけど

乗る時間は中央駅から北駅まで往復して7〜8分くらいかな。

結構揺れるので長く乗るのはちときつい。
そして屋外を走る&中には小さい扇風機しかないので真夏は暑くてつらそうな感じです(^_^;)

転車台回転実演

1回の展示室の中央に大きな機関車があるんですが、

これが12時と15時の1日2回ぐるっと回転します。

回るスピードは結構ゆっくり。
途中3回くらいボォーーー!!!っと大きな汽笛が鳴るので注意。
うちの子もびびってしばらく「ボーやだ!ボーやだ!(ボー=汽笛の音)」と言ってました。
赤ちゃんとかはびっくりして泣いちゃってたくらい大きい音です(^_^;)

鉄道博物館の駐車場

鉄道博物館には駐車場がついていますが、ここは普通車1台800円。

結構高いです(^^;)

 

鉄道博物館の入場料は大人1300円、小中学生・高校生600円、3歳以上未就学児は300円とかかるので、なるべく総額は安く済ませたいもの。

(大人2人+3才児=2900円だし><)

 

実は鉄道博物館の前の道路を挟んだ方に民間の駐車場があって、ここは1台600円なのでここに止めるのがおすすめ。

うちはここに止めましたが、鉄道博物館の入り口からも離れてないので、子連れでも全然だいじょうぶです♪

入り口はICカード

入り口で料金を払うとスイカみたいなICカードカードが出てきます。

黄色が子ども。緑が大人。

これを入り口の改札機に通して入場。芸が細かい(笑)

 

 

最後にこのICカードは返却するので忘れずに。

入ってすぐ左には記念スタンプを押す場所もあります。

正面には超巨大なシンカリオン。立派。

さいごに

電車や新幹線が好きな男の子だけじゃなく、女の子も大の大人も楽しめる鉄道博物館。
結構マニアなおじさまとかも来てて、昔の新幹線とかを見つけては小走りで駆け寄る様子も(笑)
童心に戻れる感じ(*´ω`*)

 

ほんとはうちの子は、はたらくくるまとかトミカが大好きなので車の博物館とかがあったら良かったんだけど、、でも鉄道博物館もはしゃいでメッチャクチャ楽しんでくれたみたいなので良かったです!
また行きたいなー(≧▽≦)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました