ズッキーニの保存方法【冷凍、冷蔵、常温】と賞味期限。6ヶ月も長期保存できる方法も!

夏野菜

夏野菜で最近よく出回っているのがズッキーニ。

見た目や切った時の形がキュウリによく似ていますが、意外にもカボチャの仲間なんですよ!

野菜
ズッキーニくん

え?知らなかった??

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

今日はそんなズッキーニの【冷凍、冷蔵、常温】での保存方法と賞味期限についてお話します。
●●を使うと6ヶ月も長期保存できるのでぜひチェックしてみてくださーい!

スポンサーリンク

ズッキーニ

ズッキーニの常温での保存方法と保存期間

ズッキーニは常温で保存可能な野菜です。常温の場合でも約1週間は日持ちします。保存する場合は新聞紙にくるみましょう。

野菜
ズッキーニくん

乾燥させないのが大事♪

ズッキーニの冷蔵庫での保存方法と保存期間

ズッキーニの冷蔵保存期間は約2週間です。保存方法は2種類あります。ひとつは保存袋に入れる方法、もうひとつはラップに包む方法です。
保存する前に、洗って水気を拭き取りましょう。
保存袋に入れる場合は、乾燥しないように、袋の口をしっかり閉じるのも忘れずに。
ラップでつつむことで、しっかり乾燥を防げます。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

冷やしすぎると食感が悪くなるので、野菜室に入れましょう。

ズッキーニの冷凍での保存方法と保存期間

そしてズッキーニは冷凍保存がおすすめな野菜です。

ゆと子(栄養士)
ゆと子(栄養士)

冷凍することで、味がしみやすくなりますよ~。

スポンサーリンク

ズッキーニは生のまま冷凍すると、解凍した時に水分が抜けて繊維感が強くなってしまいます。

少しでも鮮度を保ったまま保存するために、冷凍するときはひと手間加えてからが良いですよ。

加熱すると、酵素の働きがおさえられ、食感や色の劣化を防ぐことができます。さっと茹でるか炒めてから冷凍保存するようにしましょう。

茹で時間は長くても30秒までです。余熱で火か通り過ぎるのを防ぐため、冷水ですぐに冷やしましょう。炒める場合は油をひいて、強火で焼き色をつけます。

冷凍したズッキーニの保存期間は、約3~4週間です。
冷凍する時は輪切りにまたは短冊切りにして、冷蔵保存袋に入れましょう。

薄切りにしたズッキーニ

ズッキーニのオイル漬けでの保存方法と保存期間

ところで、ズッキーニをオイル漬けして冷凍する方法をご存じでしょうか?
そのままでは3~4週間しかもたないズッキーニですが、オイル漬けすることで、なんと6カ月も保存できるのです!!

野菜
ズッキーニくん

すごくね?(笑)

切ったズッキーニに塩少々をふり、グリルで焼いてから、ひたひたのオリーブオイルに漬けて冷まし、オリーブオイルごと保存袋に入れて冷凍すればOKです。
ぜひためしてみてください!

ズッキーニの解凍方法と調理例

冷凍したズッキーニの解凍方法は2つあります。

凍ったまま

1つ目は凍ったまま料理に使う方法です。
煮込み料理には凍ったまま入れるのがオススメで、すでに加熱済みで温めるだけで大丈夫なので、時間が短縮できますよ!

自然解凍

ズッキーニとその他の野菜

2つ目は自然解凍して使う方法です。
冷蔵庫や室温で自然解凍したら、そのまま食べることもできます。お弁当のおかずなどをまとめて調理して冷凍しておくと、朝の準備が楽になりますね。

注意点は用途によって加熱の具合を調整することです。
料理に入れて再加熱する場合は軽めの火入れ、解凍してそのまま食べる場合はしっかりめに火入れして冷凍しておきましょう。

ただし再加熱の際に電子レンジを使うのはタブーです!ズッキーニの水分が抜けてしまって、パサパサ食感になってしまいます。ラップをかけてやってみましたが、結果はあまり変わりませんでした。

お鍋やフライパンで加熱するのが面倒だという方は、トースターやオーブンを使うと良いですよ^^

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました